frei

旧「anney's room」からブログ「frei」だけ引っ越し&残しました

記憶の味を共有してもらった。

大事な人が誕生日でした。

って訳で、昨日はドイツにいるリンダちゃんの誕生日。

一ヶ月以上前から、何を贈ろうか考えて

準備してたのでありました。

最初に用意したのは、日本っぽい柄のハンカチ。

新宿のとあるお店で買ったんだけど、

それだけじゃなんだか寂しいなぁ。

かと言って、いかにも「お金がかかってますー」な物を送るのも

なんだか私の趣味じゃない。

で。

彼女自身に、こないだネット経由で電話した時

何がいい?と聞いたら、

「あにーが良いと思うものがいい(^^)」とのことだったので

私が大好きなお菓子を送ろうって事に。

そう私が大好きなお菓子…それは駄菓子。

小さい頃、近所に駄菓子屋があって、

1日10円のお小遣い貯めて、ちょこちょこ買ったっけ。

着色料バリバリ入ってそうなジュースが飲みたかったのに

母にあんまり飲むな、って言われたんだよね。

くじ付きのきな粉のまぶした、訳のわからない甘いもの、

あれもよく食べたような。

梅ジャムつけた、ソースせんべいも大好きだったな。

ソースせんべいで、動物の顔を作ってくれる屋台は

そことは違う場所のとある公園に、ときどき出没してて、

結構憧れだったっけか。

そういう訳で、そんな私の生い立ちというか

私の育った環境を少し味わっていただこうと、

近所のお菓子屋さんで、いくつか駄菓子を買って

全部写真に撮ってから、独語で味や原料や賞味期限を書いて

郵送しておいたのは今月の頭。

SAL便で送ったんだけど、無事ちゃんと誕生日に間に合って

今日、喜びの声がメールで届きました(^^)

よかったよかった、ほんとに喜んでるみたい。

記念に全部とっておきたかったんだけど、

早速、きなこ棒を食べて美味しかったそうです。

なんか嬉しいなぁ。

大好きな人に、私の大好きなものを知ってもらうって。

遠くにいたって大丈夫。

きっとこれからも一緒にいろんな事、共有して生きていけるね。

広告を非表示にする