frei

旧「anney's room」からブログ「frei」だけ引っ越し&残しました

WHERE実行順。

ども、あにごん@お料理してない時間はお勉強タイムです。

 

先週後半は

とあるスクリプト中の、MySQLSQL文発行してるところで、

えらく遅い部分があったので、高速化しようと、うだうだ悩んでいたんだけど。

 

 

ご存知の通り、SQLは私の弱点でして

はてさて、どう対応したものか…と思ってたら

そーいやぁ、以前、誰かにSQL文のWHERE句の実行順について

「下から実行説」を聞かされたなぁ…と思ったりして。

 

だけど、それが一体どういう条件で

どのDBが、それにあたるんだか、サッパリ記憶になかったので

大きな声で呼んでみた。

 

せーのっ

ぐーぐるせんせーっ!

 

ふぉーふぉふぉふぉふぉー

ワシを呼んだかの?…と、差し出してくれたのはこのページ

なるほど、Oracle の話で、かつインデックスの関係ない場合ですか。

 

かくして、MySQLは、素直に上から実行(左から実行とも言う)するんだな、って事で

以下のSQL文の実行速度について、ついでにちょっと調査してみる。

 

CREATE TABLE test_table (

flag tinyint(1),

name varchar(16)

);

 

これに100件データを insert しまして、その中の1レコードだけを

INSERT INTO test_table VALUES(0, 'anigon');

にしました。

 

ほんで、以下の3パターンのSELECT文を発行するんだけど。

 

・Aパターン(一番速いと勝手に思ってるパターン)

SELECT name

FROM test_table

WHERE flag = 0

AND name = 'anigon';

 

・Bパターン(遅いだろうなと思ってるパターン)

SELECT name

FROM test_table

WHERE name = 'anigon'

AND flag = 0;

 

・Cパターン(めっさ遅いだろうな、と思ってるパターン)

SELECT name

FROM test_table

WHERE name like '%anigon%'

AND flag = 0;

 

で、先ず人に聞くと「実行計画見たらどうよ?」と答えられるんだけど

explain で見ても、3パターンとも何も変わらないように見えてしまうんだな、これが。

へなちょこ野郎あにやまんには、この時点でSQL苦手意識で早くもゲンナリ(笑)

 

・Aパターン

 

+----+-------------+------------+------+---------------+------+---------+------+------+-------------+

| id | select_type | table | type | possible_keys | key | key_len | ref | rows | Extra |

+----+-------------+------------+------+---------------+------+---------+------+------+-------------+

| 1 | SIMPLE | test_table | ALL | NULL | NULL | NULL | NULL | 100 | Using where |

+----+-------------+------------+------+---------------+------+---------+------+------+-------------+

 

 

・Bパターン

 

+----+-------------+------------+------+---------------+------+---------+------+------+-------------+

| id | select_type | table | type | possible_keys | key | key_len | ref | rows | Extra |

+----+-------------+------------+------+---------------+------+---------+------+------+-------------+

| 1 | SIMPLE | test_table | ALL | NULL | NULL | NULL | NULL | 100 | Using where |

+----+-------------+------------+------+---------------+------+---------+------+------+-------------+

 

 

・Cパターン

 

+----+-------------+------------+------+---------------+------+---------+------+------+-------------+

| id | select_type | table | type | possible_keys | key | key_len | ref | rows | Extra |

+----+-------------+------------+------+---------------+------+---------+------+------+-------------+

| 1 | SIMPLE | test_table | ALL | NULL | NULL | NULL | NULL | 100 | Using where |

+----+-------------+------------+------+---------------+------+---------+------+------+-------------+

 

 

仕方ないので、benchmark 取るべー…って、実行してみるんだけど

1つのパターンを10回ずつ実行しても、数字が安定しなくって

うーん、レコード100件程度じゃ、何も変わらないような気がしてくるのでした…orz

 

えーい、じゃあ、1000件でどうだ!…って、これくらいじゃ差が出ないのでして

うーむうーむ。じゃあ、5000件で、どうよ!

 

・Aパターン

 5.62 sec〜7.21 sec

 

・Bパターン

 5.54 sec〜7.18 sec

 

・Cパターン

 5.47 sec〜7.31 sec

 

・・・うーん、何かたぶん計測すべきSQL文とか条件が

よろしくないんだろうか…。

うーんうーん。ますます苦手意識がついちゃいますね(苦笑)

広告を非表示にする