frei

旧「anney's room」からブログ「frei」だけ引っ越し&残しました

ぽにょ。

昨日のおかげで、今日はなんだか小顔です(笑)

お暑ぅございます、あにごんです。

今日は「崖の上のポニョ」を観てきました。

水曜ですから、レディースデーの1000円ですわよ、奥様っ。

さて、この映画、観てきた人が

なんだか幸せそうなポヨーンとした感じだったので

一体どういうエンディングなんだろー?と思ったけど。

なるほど。

小難しい理屈抜きにして、なるほどー…と。

設定が大雑把だとかゆー意見があるらしいけど

そこもひっくるめて、意図的にシンプルな方向に向けて、

「勢い」を作品に与えようとしたのかなぁ…。

うーん、難しい事は、不特定多数に何か伝えようとしても、

キチンとは伝わらずに、どっかで曲解されるよね。

って書いてる私も、きっといろいろ曲解してるんだけどさ(笑)

人間はユニークで、それぞれ考え方違うから

同じ価値観を共有・理解するのは無理だよね。

で、だから結局、シンプルが一番強いんじゃないかと。

大人になって知識が増えるのはいいけど、面倒な程、理屈っぽくなったりで

毎日あーだこーだ考えてもキリはなくて、何処を目指して生きたらいいんだか訳わからんくなって、

悩み抜いた果てが、八つ当たりや過剰な自慢や愚痴三昧だったら、

いくら知識増えても、なんもかんも実行出来ないし、脱したい状況も変わらんがな。

だったら、素直なのがいいよね。

きれいだから、描くの。

すてきだから、記憶にとどめるの。

嬉しいから、笑顔になるの。

大好きだから、一緒にいたいの。

そういう「勢い」を、ポニョの映画に感じたのでした。

それにしても、私は結局、宮崎さんのアニメでどれが好きなのか?って聞かれると

そういやぁ、どれって事もないなぁ…と気付いたり。

どれもこれも、宮崎さんが表現したい対象があって、その表現方法が素晴らしくて

あー、すごいなぁー…って、ただただ感心と言うか

ほんとに絵描くの好きなんだね、って思うのでした。

広告を非表示にする