frei

旧「anney's room」からブログ「frei」だけ引っ越し&残しました

敵こそ、我が友。

今日は水曜映画1000円デー。

敵こそ、我が友」を観てきました。

で、元ゲシュタポバルビーの裁判で判決受けるまでの話で

友人リンダちゃんの母国ボリビアまで関係してるとなれば、観ない訳にいかんのですが

なんせ戦争とか拷問とか、辛い話がドンドン出てくるから、心が疲れる。

でも、やっぱり過去に何があったのか、多面的に知りたいから観るんだけどね。

うー、戦争とか私が未経験な悲惨な事は、どうにも事が大き過ぎて、

「辛かったろうなぁ」って、サクっと推測出来る範囲の話じゃないし、

簡単には、誰かへの同情だの、ナチスへの怒りだのって

たかが私が言えるような立場じゃない気がしちゃうのでした。 orz

ところで、映画館にあったチラシに

10月上映予定の「ナチスのオーケスオラ」や

11月の「ベルリン・フィル 最高のハーモニーを求めて」の内容に添えて

ベルリン・フィルと子どもたち 特別アンコール上映」と書いてありました。

渋谷ユーロスペースであるらしいです。このアンコール上映、観たいなぁ♪

広告を非表示にする