frei

旧「anney's room」からブログ「frei」だけ引っ越し&残しました

マニュアルどおり。

午前3時、目が覚めた。

暑くてまともに眠れないから、仕事しようと思って

PC電源入れて、考えてたルーチンで1つクラスを作っておいた。

忙しい日々が嘘みたいに、自分のところは時間が静かに過ぎていって

あれこれルーチン考えてるけど、心が前を向いてくれない。

一人の世界に入って考えてると、あちこちから声がこぼれだす。

精神の中心が世間に惑わされてる声が。

愛ならこうでなきゃいけないとか、

仲間ってこういう会話じゃなきゃとか、

だから「あの人は、こうなんだ」とか

ありきたりな言葉の全てが、その洗脳を物語ってる。

どこかに書いてあるマニュアルどおりにしか生きられないのかい?

誰かに嫌われたっていいよ、価値観違うなら無理する気もないし。

ただもし一緒に居て楽しいって思えたんなら

もっと一緒に居て笑いたいだけ。それでいいじゃないか。

もし、もしもね、気のせいか、

それで別の誰かが「恥ずかしい」とか「やけ」になってるならね、

私は「それ」を気にしないよ。

誰かが決めた良いとか悪いとか恥だとかってーのは、

私にはなんの意味もないから。

そんなもん、ぶちこわせ。

広告を非表示にする