frei

旧「anney's room」からブログ「frei」だけ引っ越し&残しました

分娩する病院での検診

さて、いよいよ昨年11月に

分娩予約をしておいた病院への通院が始まります。

いやぁ〜、とうとうこの時期に入ったのかぁ。

本当に出産が近づいているのを実感するなぁ。

検診の予約をしておいた時間より前に、受付に行くと

先日まで通院していた病院から渡された封筒を含め、

診察券・保険証・妊婦健康診査受診票も提出。

すると、体重・血圧・検尿の検査は自分でやっておいて

体重と血圧の結果を診察受ける際に申告する...という説明を受ける。

なるほど〜。ここ混んでるからねぇ。

それくらいの作業は自力でやっておくのかぁ。

それらを全て済ませて、待合室で座っていると

予想より早く、診察室に呼ばれる。あれ?今日は早いな。

診察室に入ると、ベットでお腹を見せれる状態で横になるように指示があり

看護師さんが、腹囲・子宮底長を測り、

さらに軽くNSTで胎児の心音を確認したら、先生が来るまで待機。

前回は、この辺りの展開が非常に遅かったんだけど、

今回は時間帯が良いのか、さくっと先生ご登場。

あれ、しかも今日は女医さんだー。

が、先生がテキパキと手際よく、お腹のエコーを見始めると

またもや逆子になっている事が判明。がーん。

かくして、帝王切開の可能性が出てきたので

仮に予定日を確認して、エコー写真を2枚いただいて終了。

早っ。

薬を処方していただく事なく、診察だけの5分程度で済んでしまったので

拍子抜けしつつ、受付で診察料を支払うと、1,590円也。

次回はGWになっちゃうけど、それまで逆子体操をしておいて

検診して様子次第では、いよいよ帝王切開で本決まりしそうな気配です...。

広告を非表示にする