frei

旧「anney's room」からブログ「frei」だけ引っ越し&残しました

大事な言葉。

オズちゃん宅からの眺め目覚めると、携帯に目覚まし仕掛けた8時直前。

あー、グッスリ寝れたなぁ。最近スッカリ時差ボケもなくなって、夜中に目覚めなくなってよかった…んだけど、明日には帰国なんだよなぁ。

とにかく、まずはオズちゃんと一緒に朝食の準備。昨日残したデザートも食べましょうってーんで、ドヤドヤと台所から居間に運ぶは、薄切りチーズ、ハーゼルナッツペーストジャム、ジャム、角切りフェッターチーズ、オリーブ、パン、ケーキ、コーヒー。朝からすごい量ですなぁ(汗)

旦那も起きてきて、居間で一緒にいただきまーす(^^) でも、普段旦那は朝食を取らないっぽい。パンを一切れ取って、ぽつりぽつりと食べている。それに対して、オズちゃんはバリバリ食べてて、それを見た旦那が、ふと呟く。

あ、いい事かんがえた。

椅子にね、体重計がついてるといいよね。

座ると、体重が測れちゃうの。

それで、その重量が、皆の見えるところに表示されんだよ。

で、食べてるうちに、ドンドン体重が増えていくっていう。

そうすると、ダイエットしたくなるよね。

うーん(^^; 確かに名案かもしれません。名づけて「Der Stuhl mit der Waage」(体重計付き椅子)ですか。いたたた、私もこの旅行中食べまくってるからなぁ。きっと太ってるぞ。オズちゃんと昨晩話してたんだよねぇ、お互い少し太ったかなぁ…ダイエットしなくっちゃね、って(汗)

それにしてもだ。2人は会社に行く予定なはずなのに、まったりと朝食中。オズちゃんに至っては、何やらミーティングの予定も入ってるとかで、急がないといけないはずなのだが…いいのか、こんな調子で。

と思っていると、旦那が何かトルコ語でオズちゃんに一言。会社休みたいなぁ…と言い出したらしい。それから引き続き、とろとろと朝食を取り続ける旦那は、ちょいと間をおいて、再び一言トルコ語でオズちゃんに何か伝える。通訳してもらった結果「もう、一度『会社を休みたい』って思っちゃったら最後、それ以外考えられないんだってさ」だそうで(^^; そっか。いやでも、日曜日の昨日出勤してたくらいだからね、代休って事は出来ないのかしら。

それからは、もぐもぐとオズちゃんと私が朝食を取る間、無口になって何かを考えてる旦那。どうやら休む言い訳を考えているらしい。風邪になった…とオズちゃんから、彼の上司にメールして欲しいとか言い出してる。

そこで私も言い訳を提案。「じゃあ、発明した『体重計付き椅子』の作成に取り掛かってて忙しいので休みって事で」・・・・・って、これじゃあ、一体、何が本業なんだ、旦那よって感じか(笑)

ちなみに2人とも、SAPで働いてるんだけども、SAPは日本にもあるので、そこで働いたらどうか?と提案されてしもた。ってーのも、今年度だか、SAPの日本は、あまり売り上げを伸ばす事が出来なくて、ドイツ本社から何人か送り込まれる事になったそうな。だから、SAP JAPANは、独語が出来る人が欲しいはずだ…と2人は言うのだけど。いやー、日本に来るようなドイツ人は、そもそもまず英語が出来るんじゃないかと。で、SAP JAPANで働く人はまず英語が出来るんじゃないかと(^^;

なにはともあれ、貴重な情報をありがとう。ぺこり。

そんなこんなで、結局、旦那はどうするのか?ってーと、やっぱり休むそうです(^^; かくして、旦那さんの運転でWiesloch駅へ。オズちゃんは、このまま会社に出社するので、駅に着いて私の乗る電車が確認出来次第、お別れです。いやはや、また会いましょう。今度はドイツじゃないかもしれないけど。故郷のトルコで会うのもいいしね。またね、元気でね(^^)/

そして、10時29分発の通学中の学生がわんさか乗ってるS4で、まずはハイデルベルグ中央駅まで移動し、それから10時47分発のICでフランクフルトへ。

しかし、11時41分にフランクフルト中央駅に到着しても、まだ家には戻りません。どこへ行くのか?ってーと、お土産買いに歩行者天国のあるHauptwacheです。そうなんですよ、まだお土産揃ってないんです。今日中になんとか用意しないとっ。

そんなこったで、CITIBANKに寄ってから、お土産探して、まずはWOOLWORTHへ。

前回留学時から使ってるDURABLEのファイルとSTABILOの0.4mmペン「point 88」は自分と元会社の同僚さんへ、コアラのマーチもどきのKuchenmeisterのKoalaは父へのバレンタインチョコ、イースターコーナーにあった卵リキュールなイースターチョコはKarasさんへ、OTANYの「Mini-Organizer」ってゆーミニアドレス帳&計算機&世界時計は、なんか面白そうだから従姉妹に。

それにしても、Windows上で動かすCD-ROMで、1.99euro(269円程)のゲームとか、イタリア語会話ソフトが売ってて、それも面白そうなんだけど、なんか内容が中途半端なのがなんとも。あと、ワゴンセールで、沢山64MBのUSBメモリーが7.99euro(1079円程)だかで売ってました。必要なような、どうでもいいような。でも、ドイツにしては安いような。

ま、いっか。他の人へのお土産は、他のお店で買うか。

そんな訳で、今度はKarstadtへ。すると、おもちゃ売り場で、前回見た時には確かなかった、playmobilイースターバージョン 4458 Häschens 1. Schultagが。あー、こ、これはちょっと限定品なのかしら?元同僚さん、喜ぶかなぁ?

Die Mausのミニミニ本と、BOBボブとはたらくブーブーズ)のミニミニパズルも、なかなかコンパクトでいて、お土産にいい塩梅だったので、一緒にレジに持っていこうと思っていると、本売り場にもイースターコーナーが。

イースターだからウサギに関する本が並べられてて、ちょっとのぞいてみるつもりで、そのコーナーを見てみると、その中の10cmx0cm程の小さい絵本に目が留まる。

Weißt du eigentlich, wie lieb ich dich hab?」(ねぇ、知ってる?僕がどれ程君を好きだって事を)…あらー、この言葉は。

それは、今回の旅で初めて出会った言葉「Ich habe dich lieb.」。これは保子さんと話している時に、ちょっとした彼女のエピソードの中で出てきて、ちょっとニュアンスがつかみにくいな…って思ってた言い回しでして。みえちゃんにも聞いて、だいたいわかってきた所で、この本の題名。本の内容を見れば、その意味はより深くわかる。

こうさぎ君は、大きなウサギ君が大好き。

ある夜、こうさぎ君は寝る前に、彼をどれくらい好きなのか、彼に伝えたくて、あれやこれや例えてみます。両腕をせいいっぱい広げて「これくらい好き」と言ってみせれば、大きなウサギ君も同じく両腕を広げて「僕だって君の事を、こーれくらいっ好きだよ」と対抗します。どんな風に表現しても、大きなウサギ君の表現するものの方が大きかったり、すごかったり。どうしても、彼より好きだって伝えらません。あーあ、彼みたいに長い腕があったら表現できるのに…。

だんだん眠くなってきた こうさぎ君。辺りを見回せば、もう真っ暗。そうだ、きっと空よりも遠いところなんてないはず。「月に届くくらい、僕は君が好きだよ」と言うと安心して、ウトウトと眠りについてしまいました。

これには、大きなウサギ君もびっくり。

「それは確かにすごく遠いね。とてもとても。すごく遠いね…」

そして大きなウサギ君は、こうさぎ君を葉っぱでできたベットに寝かすと、微笑みながら彼に囁きました。

「月に届くまで…そして往復できるくらいにね、

 君は僕が好きで、僕は君が好き」

独語の原文

つまりは、保子さんもみえちゃんも教えてくれたのは、mögenとliebenの中間の愛情表現なんだけど。なんか私が常に「ほざいてる」(笑)、愛情表現に近い気がして、とても大事な言葉に響いたりなんかして。

よっし、これは保子さんに捧げよう。何日も彼女の家に滞在させてもらったお礼に。ドイツでの試練のような日々が、この本でほんの少しでも温かくなれるといいな。

そんな訳で、なんだか心がポカポカしたところで、地下の食料品売り場に行ってバウムクーヘン天道虫チョコ3つを購入。天道虫はドイツじゃ幸福のシンボル。これまた、幸せであって欲しい人達にお土産として贈るんだー。

さてと、後はLIDLに行ってみるかー。リンダちゃん所で飲んだ、ペットボトルのビールを持って帰りたいんだけど、あれってALDI製なのに、保子さん宅の近所のALDIが見つからなくてね。LIDLもALDIみたいに、激安スーパーなんで、同じ事してペットボトルビールを売ってるといいんだけどなぁ。

が、店内で探すと、確かにペットボトルビールは販売中なんだけど、6本セットでした。ガーン。6本もあったら重いやん。しかも誰もが1本単位で買いたいのか、すでにパッケージが破かれ、1本だけ抜き取られたセットまであるのに、注意書きに「1本単位では売りません。6本でお願いしますっ」ってちゃんと書いてある。

あーうー。もういいや。明日保子さん宅の近所のALDIを改めて探してみよう。

NORDSEE MIXBOXそれにしても、歩き疲れたしお腹空いた…。前回保子さんと一緒にZeilの持ち帰りのポテト屋さんで買ったクルクルしたフライドポテトを食べたいんだけど、すぐに食べたくても、そこって席がなさそうだからなぁ。かと言って、こんなに寒い街中で、どっかに座って食べるなんて身体壊しそうだし。

ってーんで、その隣のNORDSEEに入る事に。いやー、NORDSEEも大好きなんだよね(^^) そして、いつもの「MIX-BOX」2.95euro(398円程)に、ニンニクソースをかけてもらい、Kaffee mit Milch(カフェラテ)1.75euro(236円程)を注文して、奥の席でまったりと食べ始める。はぁ〜、うまかー。

NORDSEE カプチーノちなみにMIX-BOX、パッと見揚げたポテトばっかに見えるかもしれないけど、白身魚のフライと、エビフライも入ってるのだー。この「油っこいもんセット」(笑)は、とっても美味しいんだけど、唯一困るのはエビの尻尾で口ん中を切る事(苦笑) だったら尻尾は残せよ…って感じなんだけど、あまり残してる人を見かけないもんで、私もムキになって(?)食べようとするんだけど。でも、今回は1匹くじけて尻尾残しました。

本屋 Hugendubelさてと。お腹いっぱいになったし、再びお土産チェックするか。ってーんで、本屋Hugendubelへ。ここはミュンヘンでよく利用してた、でっかい本屋のチェーン店で、地下1階、地上4階建てくらい。ミュンヘンの市庁舎前のと比べると小さいけど、中の雰囲気はやっぱりいい感じ。フロアの角に座って本を読めるソファがあって、なんかまったりと時間を潰すには、もってこいな場所だよね。

さて、そんで私がチェックするコーナーは、語学コーナー。独語関連の教材を買って、保子さんにプレゼントしようかと思ったんだけど、特にお勧めのZMP用の本「Mit Erfolg zur Mittelstufenprüfung Deutsch als Fremdsprache」がない。それどころか、基本中の基本「Themen neu」すらないような気が。うーん。ま、いっか。じゃ、そろそろ保子さん宅に戻って明日に備えて、荷造りした方がいいな。

まず中央駅まで戻ってきて、駅構内の本屋「Schmitt&Hahn」で、ちょっと前から狙ってた「EasyLinux StarterKit 8 mit SuSE 9.2 DVD」12.80euro(1728円程)を自分用のお土産に、BRAVO Sport1.95euro(263円程)をサンタノさん用に買って、よっし、だいたいお土産揃ったぞー。

保子さん宅近辺そして、昨日預けてあったコインロッカーから荷物を取り出してから、S-Bahnで保子さん宅へ戻ってきました。ふー、ちょっと久しぶりですね、この光景。

そして、せっせと買ってきたお土産を、トランクにギューギュー詰めて、荷造りしてると保子さん帰宅。おかえりー&久しぶりー!

最後の夕食そして、保子さんが用意してくれた、今回の旅行での最後の夕飯は、でっかいソーセージに野菜スープに、マッシュポテトでした。ありがとうありがとう。いただきまーす(^^)

そして夕飯の後に、今日買ったウサギの絵本と各地のお土産を少しメッセージと一緒に渡してから、今度はバタバタと彼女のiBookのチェック。なんだかんだと問題があるようなんだけど、これってOSXなもんで、私にはようわからん箇所も多いんだよね。うちのMacって、OSXインストールできないからね。うー。

仕方ないので、イェナのおにーちゃんに電話して、あれこれ相談したんだけど、結局、イマイチ解決しない事があったりして。とにかく、結論から言うと、USBメモリーがあったらなぁ…って事になったもんだから、つくづく今日WOOLWORTHで安売りしてたのを買っておけばよかった…と後悔。

それから、お茶しながら、こないだ広子さんからいただいた、あの美味しい手作りクッキーを食べつつ、今後の事を話してると、もう深夜。はぁ、もう寝なきゃ。明日の今頃は、日本行きの飛行機の中かぁ…。おやすみなさい。。。

広告を非表示にする