frei

旧「anney's room」からブログ「frei」だけ引っ越し&残しました

両親学級・3

区の開催する無料の両親学級

残念ながら、私の求めている内容と違ってしまったので、

分娩する病院での、両親学級に行ってみる事にしました。

ただし、無料じゃなくて、

私一人の参加の場合、2,000円かかります。くぅ。

でも、実際の分娩室も見れるかもしれないし

これは行く価値があるはずだぞー。

てな訳で、指定された時刻に病院に行ってみると

シャッターが降りていて、中に入れない...orz

日付間違えちゃったかなぁ?と青ざめていると

丁度、お見舞いに来た方がインターホンを押して

中に入って行こうとしていたので、

声をかけて、入り方を教えてもらったのでした。

ありがたや〜。

中に入ると、待合室に椅子が並べられていて

助産婦さんに名前を告げ、料金を払うと

指定された場所に座って待っててください、との事。

時間になるまで待っていると、

全20組前後が来ていて、そのうち旦那さん同伴が8割くらい。

あらー、結構皆さん来てくれるんですねぇ。

自己紹介をそれぞれすると、

助産婦さんから、陣痛&入院までの流れと

入院する事になったら、どんな手順になるのか、

入院中に病院から支給されるベビー用品などの説明がありました。

が、残念ながら、今日は丁度分娩室が使用中なので、

分娩室の様子は写真で見せていただいて終了。

ちょっと残念だけど、とりあえず、

出産タイミングが複数人で重なった場合は、どういう手順になるのかが聞けたので

安心する事が出来たのでした。

やっぱり、それぞれ病院毎に手順やら支給される物が違うだろうから

こうして分娩する病院で説明聞いた方がいいやね〜。

それにしても、全て終わって帰ろうとしたら

お土産を支給されたのだけど、これが重い...orz

今回の両親学級は28週以降の妊婦さん対象で、

妊娠後期ともなれば重い物は持たないように...とかって

注意してるだろうに、どうしてそれでこんなに重いもん持たせるのか...。

でも、きっと中身は重要な物なんだろう...と気をとり直して

よいしょよいしょと家までバスと徒歩で運んで開けてみると、

マタニティ&ベビー関連商品のサンプルやパンフレットで

なんというか...完全に販促グッズばっかり。

う"〜ん。これって、このタイミングで渡すべきものなの?

旦那さんが一緒の人は、旦那さんに持ってもらえるからいいけど

妊婦一人で参加している人もいるんだけどなぁ...。

ど、どうも...検診の時から思ったけど、

この病院、なんかイマイチ価値観が合わない気がするなぁ...。

こんなんで分娩する時大丈夫なんだろうか(汗)

広告を非表示にする